自費出版:グラフィック系
自費出版:文章系

お客様の声

人生の晩年にこんな経験ができるなんて何て幸せ。

voicebook17

 

この度は『わが家の健やか日記』をすてきに仕上げていただき、ありがとうございました。
読みづらい手書き原稿をきれいに活字にしていただき、写真もカラーと本文に適切に入れて読み易く楽しい本になりました。
表紙やカバーも孫達の作品を上手に装幀していただき孫達も大喜びです。
社長さんには最初から細かい事までお願いし、お聞き入れいただきまして感謝致しております。
人生の晩年にこんな経験ができるなんて何て幸せなことでしょう。わが家にとっては宝物が一つ増えました。幼い孫達が将来どんな気持ちで読んでくれるだろうと思うとワクワクします。
書くことは続けたいと思っています。少しずつ進化できたらと願っています。
息子がリーブル出版への問い合わせをしてくれたご縁で一冊目が完成しました。このご縁をありがたく思っております。

『わが家の健やか日記』 篠原良子さん(愛知県在住)

 

手にする度、感謝しています!

g11-1

 

画集のあとがきにも書きました様に、30数年まえ地域の油絵講座に入りその間作品展 個展などで作品も多くなりました。
ある日突然に海外へ長く在住している長男から、「お母さんの画集を出す手はずにしたから、近日にリーブル出版社の新本社長さんから 連絡があるから色々と相談に乗ってもらいなさい」と言う驚きの電話がありびっくりしてしまいました。
今思えば長男はアメリカに居て、どうしてリーブルさんを探し出したのか未だ聞いていませんが多分インターネットで、日本国中にある自費出版社を片っ端から調べて最後にリーブルさんに決めてくれたのだと思います。(大正解でした!)
カメラマンの浜田さんは撮影には狭いリビングで50枚の絵を撮ってくださり、その後も絵の明暗、選択順、ハイセンスな構成デザインなど、大きな驚きがふくらんできました。
ただの画集でなくて中身に組み込まれたものは、家族ぐるみの自分史的なものになっていてより暖かいものが感じられる様な結果になっていました。
予定日よりも早く製本が送られて来た時は、箱を開けるのももどかしく、一冊を手にした時はまるで宝石の様な感動を覚えました。表紙はお気に入りの薔薇の絵をカバーにしてくださりイタリックな名文字はとてもエレガント、上等な紙質、絵に対する思い文はカラーで、想像 以上の満足感に満たされました。
昨年12月最後の講座日に間に合ってクラスの友達に配りました。お茶の時間でしたが、皆さん画集に釘付けになり、一瞬静かなため息と感動が、波の様に伝わって来て、たじたじとしてしまいました。うれしかったのは先生が心から喜んでくださり、各教室、クラブなどへ紹介してくださいました。
個人的な友達、親戚にはレターパックで送り、とても喜ばれ何と、宝物が出来たわ……とか、リビングに飾っているの……とか、模写をしているの……とか、うれしいお知らせです。
又、アメリカ在住の長男は、2012年に私が滞在した時スケッチしたお向かいのおうちの方に差上げてとても喜ばれたとか、 大学生の孫に英訳文をしてもらったお蔭で、下手な絵もそれなりにアメリカの方々に日本の風景など、理解していただけるのではと思います。
本当にお世話になりました。有難うございました。感謝の気持ちでいっぱいです!

森本瑛子画集』 森本瑛子さん(岡山県在住)

 

オフセット印刷で実物に近い仕上がり。細かい注文にも丁寧に対応してくれました。

私_憧憬の山々

 

この度は大変お世話になりました。
本日、『憧憬の山々』が届きました。ありがとうございました。最後に調整をお願いした桜の色も、程良い具合に仕上がっていました。また、装丁・製本も良くできていて、うれしく拝見しました。
若い頃から山に登って来て、いつの頃からか、自分の登った山々を絵に描き残したいと思うようになりました。そして描き溜めてきた「山の絵」を見たある友人の、「画集にしたらどうだろうか」という勧めもあって、本を作ることを思い立ちました。
よく、展覧会等で気に入った絵があって、帰りに図録や絵はがきを求めようと会場のショップで見てみると、 本物の絵との色調の差が大きく、ガッカリすることを何度も経験しました。
オフセット印刷では、実物に近い、満足できる仕上がりはなかなか難しそうだと感じていましたので、インターネットで全国をさがして、ホームページ等からリーブル出版さんが一番ではないかと、今回お願いした次第です。
一方、遠隔地からの発注ということで、お互いの意思伝達がうまく行くだろうかという心配もありました。しかしメールでの遣り取りにおいて、質問等へは素早く対応していただき、また、細かい注文や修正等にも気持ち良く、丁寧に応じていただきました。
いろいろとご無理を申しましたが、制作のそれぞれの段階で、快く対応していただいた皆様方に、厚くお礼を申し上げます。
お蔭さまで、ほぼ予想したものに近い画集が出来上がったと思います。  ありがとう ございました。

『憧憬の山々』(私家版) 加藤 俊夫 さん(神奈川県在住)

 

絵の選定の的確さ、デザインの巧さ、色彩の美しさ、お願いして本当によかった。

西島テイ水彩画集-1

 

出版の際には大変お世話になりました。私はリーブル出版のホームページを読み、その出版事業に賛同し、妻の水彩画集を託すことにしました。
初めてのことであり、少し不安はありました。だが、出版された画集を送っていただき安心しました。その印刷技術、編集のうまさ、紙の質の良さに出しても安心だと思いました。この送付システムは、初めて依頼する者には良い安心できる方法だと思います。
出版費用も高価なのかなと心配でしたが、大変廉価でホットとしました。
絵の送付も親切にしていただきました。その丁寧さに感心しました。出来てみますと①その絵の選定の的確さ②表紙の選び方の良さ、遺稿集なのに、明るい絵を表紙に選んだのは成功③絵の配列の妙、ヌードと静物画の交互性④口絵や後絵のうまさ⑤「あとがき」や履歴のデザインの巧さ⑥紙質の良さ、撮影・印刷に苦労していただいたせいで、色彩が美しい仕上がりになっていたことなど、大変よかったと思います。
方々に贈呈したのですが、亡妻のやさしさ、優美さが見事に画集に集約されていると、好評でした。御礼申し上げます。リーブル社の今後のますますの発展を祈っています。

西島テイ水彩画集』(私家版) 西島建男さん(神奈川県在住)

 

勧めてもらったカバーをつけて 絵本を作って本当によかった!

e26-1

 

絵本を届けた先より、立派な仕上がりに、「装丁も素晴らしく、芸術作品のよう」というお褒めの言葉をもらいました。また、「赤の色がすばらしく、お話によく合っている」という言葉ももらいました。
リーブルが勧めてくださったカバーをつけたことで、本当に絵本が グレードアップしました。「インパクトがある画と手書きの題字がとてもよかった」という感想もいくつかもらいました。「一年の終わりに素晴らしい贈り物をもらった」と送った人々に 喜んでもらえ、長年の思いを皆に伝えることができました。

小僧が守ったお経』 恒吉 和恵さん(滋賀県在住)

 

出版までの流れを、素人にも分かりやすく説明してもらえたことが、選んだ決めてです!

e23-1

 

絵本を出版しようと考えて出版社を色々と探していました。
最初は、大手の出版社へ相談へ行きましたが自費出版としては費用が高すぎたのでインターネットで検索していたらリーブル出版が目にとまり、分かりやすいホームページでしたので直ぐに問合せをしました。
その後、担当者の坂本さんから直ぐにメールで連絡をいただき、殆どメールのやり取りだけでリーブル出版にお願いする事にしました。費用も高く無く、出版に至るまでの説明をホームページと同じように絵本出版の素人に分かりやすくメールで説明いただいたのが決めた理由です。
そして、原稿とイラストを提出してからの提案や修正など敏速に対応していただいて期待以上の仕上がりで絵本が完成した時はとても嬉しく思いました。
出版した後のフォローも色々として下さり感謝しております。
絵本の出版のお手伝いをしていただきありがとうございました。

ありがとうのおかね』 さない ごうさん(東京都在住)

 

ここまで真摯に対応してくださる会社は初めてです。

e19-1

 

再び絵本を制作することとなり、迷わずリーブル様に連絡したのは、前回の対応が本当に良かったから。
リーブル様だったら、本として最高の形にしてくれると確信していました。
絵本は2回目の制作で、まだまだ分からないことがいっぱいな上、今回は私事で時間もなく、連絡もなかなかできませんでした。しかし、前回と同じ担当の方が、私に合わせてスケジュールをたててくださったり、アドバイスをしてくださったり、根気強くサポートしていただきました。
途中、私のミスでスケジュールがずれてしまったのですが、時間がないなか、絵本は驚くほどきれいな仕上がりでした。
毎日送ってくださるメールにも励まされていました。ここまで真摯に対応してくださる印刷会社さんは初めてです。リーブル様じゃなかったら、不安でいっぱいだったと思います。
毎日深夜まで大学に残り、一緒に考えてくれた友人達。
実際に絵本を手に取り、読んでくれた方達。
そして何より、素敵な絵本にしてくださったリーブル様、担当してくださった小石様。
絵本を制作する度に、たくさんの人に支えられていると実感します。
もっともっと頑張らなくては、と励みになります。
実は今回の作品、個人的に反省点が多々あります。それは自分の技術、調査不足など、本当に個人的なものです。リーブル様が素敵な絵本に仕上げてくださった分、自分の中で悔しい気持ちでいっぱいです。もう一度つくりたい!という気持ちが溢れていて、その時はきっとまた、迷わずリーブル様に連絡するのだと思います。
今回も本当にお世話になりました。ありがとうございました!。

Book of 14th』 とよなが まみ さん(広島県在住)

 

なにより驚いたのは、自分の作品を 「ちゃんと読んで」くれているということ。

カバー

 

これが2冊目の自費出版になります。前回のところが特に悪かったわけではありませんが、今回はハードカバーにしたかったので、そちらとは条件があわず(500冊以上でないと受け付けないそうで)、いろいろ探してこちらにたどり着きました。
結果としては、大正解だったと思ってます。無理な注文(校正終了間際に原稿の入れ替えとか)をしてしましたが、それにも快く応じていただきました。
さらに細かい訂正箇所なども教えてもらいました。ほんとに助かりました。
なにより驚いたのは、自分の作品を「ちゃんと読んで」くれているということが、ほんとによくわかる本作りをしていただいたことです。作者としてこれは大変嬉しいことでした。
ネタバレしますと、私の作品中に、ドリカムの「眼鏡越しの空」という曲が出てきます。
その歌詞の「背表紙の三日月だけがそんな私知ってる」というくだりが大きな意味を持つ作品です。
完成した表紙には、背表紙にあるイラストが描かれていました。私が指示したわけではありません。きっと私の作品を読んで思いついた人が描いてくれたのでしょう。
ちょっと感動さえ覚えました。
もし、次があるのなら、私はもう迷うことなく、ここに依頼することになるでしょう。
本当に、ありがとうございました。

『人の歩く道と、風の通り道とが重なる場所』(私家版) きたかぜ さん(愛知県在住)

 

リーブルは、 “個人、一人一人に寄り添ってくれる出版社”です。

e21-1

e22-1

 

まず、この度リーブルさんに出会えた事にたくさんの感謝をこめて……
私がリーブルさんに絵本の製本をお願いしようとしたきっかけは、ホームページの見出しでした。
何年か前に子供に書いた絵本をちゃんとした製本の形にしたく、『自費出版』という検索で出版社を探し、その中の一つがリーブルさんでした。
何社かに自 動見積もりのページがあり、興味を持ち読んでみましたが、その中で一社『高品質で低価格』・『出版印刷展の最高賞“経済産業大臣賞”受賞』が私の目に留まりました。
(素人の私が経済産業大臣賞なるものがどういうものかは存じませんが……) “賞をとるならきっと良い所に違いない!!”が私の素直な思いでした。
そして、まだ絵本を出すことに希望が半分、不安が半分で迷っていた私は、
絵本を作るならここにお願いしたいという思いで、メールで価格や仕上がり日数のお問い合わせをしました。
するとメールのお返事ばかりではなく、新本様から直接電話での返答がきて、びっくりしたのと感激したのを覚えています。
そ して、新本様は雑な自分の絵に自信がなく、製本を迷っている私に『皆、自分の本を出版しようという方は多少なりとも迷ったり、不安があったりしています。それでも、みなさん出来上がるととても喜んで感動して下さってますよ。ぜひ、原画を送ってみてください。』
と私の背中を押して下さいました。
出来上がりはもちろん大満足!200点満点です!
私の手書きの手作りえほんが、ちゃんとした一人前の『絵本』になって、価格も付きました!
そして、今ではプロの方と同様に、書店やネットで販売することも、いろんな方に購入していただくこともできます。
光沢のあるハードカバーは絵本に高級感を出してくれ、リーブルさんの 印刷で絵の具の部分は優しく色鮮やかに、クレパスの部分はふんわりと柔らかく仕上げて頂きました。
デザイン部の方にも、色の発色の手直しや、活字の表現方法などとても親身にアドバイスをして頂きました。
メールのみのやり取りでこんなに素敵な『絵本』に仕上げて頂いて、本当に感謝しております。
この度はリーブルさんにお願いして本当に良かったと思っております。
私のリーブルさんへの感想は、“個人一人一人に寄り添ってくれる出版社”です。
きっと、新本様はじめ社員の皆様の優しさや、本を作る方への思いやり、本を大切にする気持ちがリーブルとしての会社の姿勢となり、完成された本の感動につながっているの だと思います。
これからも、迷える出版希望の皆様に手を差し伸べてくれて、たくさんの方に感動を広げていって下さることを確信しております。

ありがとう』『ぼくの宝もの』 あ~ちゃん さん(青森県在住)

 

気持ちの一つの区切りとして、 自分の絵と文章を本として残したいと思いました。

g9-1

 

全く出版についての知識がなく、インターネットで数社に問い合わせしましたが、一番対応が早く親切でした。京都在住ですので離れていて少し不安でしたが、新本様からお電話もいただき丁寧にサポートいただきました。できあがりも予想以上に自分のイメージに合ったものになっていました。本当に感謝しています。ありがとうございました。

ぼくらの時代』 田原 五郎 さん(京都府在住)