自費出版:グラフィック系
自費出版:文章系

スタッフ

カラー印刷機 チェーン交換

印刷機のデリバリーチェーン交換の様子です。

メーカーの技術者の方が2人がかりで、

約4時間程かかります。

今月に入ってからデリバリー部から異音がしていたので、急遽交換修理となりました。

 

古いチェーン

機械も購入から約20年ほど経っており、

チェーンも伸びていました。

 

交換後の新しいチェーン

古いチェーンのままでは、重大な事故にも繋がりますのでこれで一安心です。

これからも高品質な印刷物を提供できるように

メンテナンスをかかさず、

機械を正常に保てるように精進しなくては…

 

カラー印刷機オペレーター 楠本

 

Amazon新着ランキング1位!

現在Amazonで予約受付中の新刊『極道と覚せい剤と刑務所と僕』がなんと、

新着ランキング1位に輝きました!

※ノンフィクション(事件・犯罪)カテゴリ

 

焼身自殺の後遺症で指の骨が曲がり、左手の親指一本でLINEに綴った衝撃の実話。

 

ただ単にメチャクチャな犯罪者の話ではなく、環境や思い込みで極道へと突き進み、

繰り返す刑務所生活。覚せい剤の魔の手、愛する人の死、そして焼身自殺未遂……。

自業自得といえばそれまでですが、生きる意味さえ見失いながら、

それでも心ある周囲の人たちとの出会いで過去を内省し、懸命に生きる姿は「生きる意味とは何か?」を

考えさせられます。

 

7月27日発売予定。現在Amazonで予約受付中です。

 

通信販売で購入できます

新型コロナウイルス(COVID-19)による外出自粛が要請されております。

外出を控えることにより自宅で読書をする機会が増えた、というかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

弊社の本は書店だけでなく、インターネットでの通信販売でも購入することができますので、是非そちらもご利用ください。

 

 

 

 

コロナウイルスの一刻も早い終息を願っております。

 

 

コロナに負けるな!つながる高知プロジェクト

 

私たちリーブル出版は、

株式会社ひととコーポレーション様が企画をされた、

「コロナに負けるな!つながる高知プロジェクト」を応援しています。

 

現在、新型コロナウイルスの影響で、多くのお店が困窮しています。

当プロジェクトは、お店の常連さんやファンの方々にチケットを事前購入していただくことで、

お店を支援していただければと企画しました。

応援したいが外出を控えたいという皆様にも、このチケットを購入していただければ、お店への支援となります。

この大変な時期を乗り越え、コロナウイルスが収束すれば、チケットを使ってまた来店していただければ幸いです。

 

このウイルスが誰の健康を奪うことなく収束されることを心より願って、

皆さまのご協力をお待ち申し上げております。

感謝の思いを繋げて、コロナに打ち勝ちましょう!

高知を盛り上げていきましょう!

 

※チケット印刷やプロジェクトの活動は全てボランティアで行っております。

 

 

チケットを事前購入してお店を応援しましょう!

 

このマーク、このポスターが目印です。

ラジオ出演

 

デザイン担当の島村が、地元FM高知のラジオに出演いたします。

玉井史織さんがパーソナリティを務めるFM高知の子育て応援番組「ママそらの高知スマイルラジオ」にお招きいただき、
出版のお仕事のこと、デザインのこと、そして子育て等プライベートのことまでお話しさせていただきました。

収録とはいえさすがに少し緊張しましたが、良い経験をさせていただきました。ありがとうございました!

パーソナリティの玉井さんと島村は友人であったため、お誘いいただきました。
友人とこういう場で面と向かって話をするのもなんだか恥ずかしくはありましたが、とても面白かったです。

放送は4/1と4/8で、どちらもお昼11:30〜11:55だそうです。
拙い話になっているとは思いますが、良ければぜひお聴きいただければと思います。

高知県出版文化賞祝賀会

リーブル出版が編集と制作を担当しました、

『遺跡が語る高知市の歩み〜高知市史考古編〜』(発行:高知市)が、

第64回 高知県出版文化賞特別賞を受賞いたしました。

 

 

2020年2月22日に、その出版文化賞を含む文教三賞の祝賀会が開催され、

制作とデザインを担当した私、島村が出席させていただきました。

 

構想5年以上、部会発足から3年を掛けて完成した

328ページに及ぶ圧巻の書です。

 

同書は、高知市が発行する市史、

『描かれた高知市 高知市史絵図地図編』

『地方都市の暮らしとしあわせ 高知市史民俗編』

に続く第三弾として発刊されたものです。

 

「市史」という文字通り歴史の残る書籍編集に携われたこと、

私自身も嬉しく、誇らしく感じております。

執筆担当された先生方、また、

高知市史編さん委員会考古部会の方々、本当に受賞おめでとうございました!

 

同書ご購入の方は、高知市内の書店、

または高知市総務課 国際平和・文化担当まで

お問い合わせくださいませ。

https://www.city.kochi.kochi.jp/soshiki/7/koukohen.html

【在庫状況】シルバーが教えてくれた命の大切さ 〜殺処分ゼロを目指して〜

2020年2月14日にフジテレビ「坂上どうぶつ王国」で紹介されました、

弊社書籍『シルバーが教えてくれた命の大切さ〜殺処分ゼロを目指して〜』に

たくさんの反響をいただいております。

ありがとうございます。

 

書籍購入のため多くの方にアクセスいただいておりますが、

2月15日(土)現在、Amazon.co.jp上では同書が在庫切れとなっております。

誠に申し訳ございません。

弊社には在庫がございますが、

アマゾン上で購入が可能となるまではその対応に数日が必要となります。

ご購入のため検索された方にはご迷惑を掛けいたしております。

 

ただし、弊社には在庫がございますので、急ぎご購入ご希望の方は、

弊社ストアーにて購入が可能でございます。

(申し訳ございません、送料別途必要となります)

 

著者がこめた思いを、

ぜひ手に取って感じていただければ幸いでございます。

 

※2月18日追記

申し訳ございません。弊社在庫も切れてしまいました。

現在増刷に向けて進行中でございます。

いましばらくお待ちいただければと存じます。

決定次第、当ブログにてお知らせいたします。

 


リーブル出版STORES


 

 

ローラー交換の話

今日は弊社の主要機械の一台である

桜井オリバーのローラー交換を行いたいと思います

オリバー266EPZは菊半歳判2色機の印刷機で

1ユニットにインキローラー10本 水関係のローラー2本計12本があり

2ユニットで合計24本の交換が必要です

これを1日1ユニットの作業で1日がかりで交換しようと思います

 

約3年ぶりに交換とあって取り付けや調整のねじが固まり

ローラを外すだけでも一苦労でした

 

全てのローラーを外してベアリングも交換し脱着作業が終了

ローラーどうしの圧(ニップ圧)を均等に調整をして

印刷版とのローラーのあたりを確認して一旦作業終了

後は実際に印刷をしながら微調を繰り返しベストな状態に持って行きます

 

交換したてのローラーは柔らかくインキの練りも良く水周りも良好

印刷ベタのつぶれや 網点の再現も問題なし

これで心置きなく印刷に専念でき高品質な印刷物を提供できそうです

 

工場長 隅田

 

リーブル出版スタッフブログ2020

新年といえば年賀状です。

昔は元旦に、誰から来てるかな?

おーこんな人から!

急いで返さないと…と、楽しみにしていたものです。

年賀状という文化がメールになりLINEになりと、

時代の流れを感じております。

どうも製造部印刷部門主任の楠本です。

今年より、スタッフが週替わりでブログを書くことになりました。

そのトップバッターになりまして、筆をとった次第でございます。

弊社では毎年、スタッフ一同

今年の年賀状はどうしようか…

目にとまり、印象に残るものにしたい…と、

紙の選定から形、内容と試行錯誤しております。

少し公開

年賀状や本がデジタルになっていく中、

紙の手触りや匂い、印刷の美しさをのこし、

広めていけるようにスタッフ一同

今年も精進して参ります。

遅れましたが、新年あけましておめでとうございます。

本年もリーブルをよろしくお願い申し上げます。

 

けんかとうげのみえないまもの

新刊紹介です。
『けんかとうげのみえないまもの』

第12回日本絵本賞「絵本にっぽん新人賞」を受賞した「あんまゆきこ」さんの絵とストーリーが秀逸です。

山のてっぺんの、小さな岩山に誰にも知られず、ひとりでいる大きなつのを持ったまもの。
まものは楽しそうな人がだいきらい。
ある日とてもなかよしで、いつも楽しそうな老夫婦にであいます。
老夫婦をけんかさせようと、あの手この手をつかいますが、ますますなかよく楽しそうなふたりに、つめたくこおったまものの心が少しずつとけて・・・

Amazonや全国書店で好評発売中!