自費出版:グラフィック系
自費出版:文章系

ディレクションするということ。

13091801

 

2013年9月19日(木)に高知市中央公園で開催される、
ムーンナイトコンサート「月光と音楽の交響詩」の、
チラシとポスターの印刷をさせていただきました。

このチラシとポスターは、自社デザイナーSと営業Sのこだわりがあって、
デザイナーが求めるクオリティを表現するために、
紙と印刷方式の選定を任されました。

いわゆる、プリンティングディレクションですね。

ブラック(スミ)1色のベタに、音符をニス刷りしたいと…
オモシロイ印刷が好きですし、モテそうなので快諾(笑)
実際、デザイン案を見たときに、このデザインに惚れました。
カッコいいですよね、自宅にもポスター貼りたいし。

 

紙とインキの詳しい説明は、
プリントマンシップで書いてます。 コチラをクリック!

 

通常、グロスニスを印刷する場合は、紙の表面の保護や、
他の印刷面との「差」を出したいときに、よく使用されます。

今回は、その「差」を出したいということなので、
紙はラフグロス紙、ブラック(スミ)はマットインキをチョイスしました。

自社自慢ですが、普通はこの選定作業はデザイナー任せなんですよ。
しかし、印刷物がどんな風に刷り上がるかはデザイナーより印刷工が知ってます。
今までの経験がものを言う、そんな感じですかね。

リーブルでは今回のように、担当デザイナーと
一緒に作り上げようとすることが多いです。
それぞれの、プロフェッショナルの感性で製品を作り上げます。

他の印刷会社と違う!って、クライアントさんに言ってもらいたくて、
リーブルでは、こだわっているんですよ。

ブラックがマットな分、グロスニスが目立ちます!

13091804

13091802

 

白バージョンもあります。

13091803

 

町で見かけたら、じっくり眺めて、
リーブルのこだわりに触れていただけたらうれしいです!

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*