自費出版:グラフィック系
自費出版:文章系

作品印刷には妥協したくなく、難しい注文にも、誠実に耳を傾け、かつ適切に対処していただきました。

やさしや
著・須釜 聡(石川県)

能登半島の撮影を始め20年ほど経過しようとしています。能登を題材にした写真集は今回で2冊目になります。最初の写真集は東京の出版社で、作品構成・色校正など直接お会いし、お手伝いしていただきながら完成させました。

今回の出版では、「前回の経験を生かし、作品構成はある程度自分で行う代わりに安価で、しかし、作品の印刷は高品質で。」との思いから、ネット検索し数社をピックアップ。その中から、特に印刷品質に自信を持つリーブル出版を最初に選び、ご相談しました。見積もりをしていただくと、前回出版費用の2/3ほどで出版可能。「安価で印刷は高品質」、希望にぴったりでリーブル出版に決めました。

具体的な作業に取り掛かると、作品構成に関しては、私の案をほぼ取り入れていただき、それほど時間を必要としませんでした。ただ、個々の作品の仕上がりに関しては、私は現在もポジフィルムを使用し作品作りをしており、どうしても「ポジに忠実な色合い」を求めてしまいます。「ポジに忠実に」と簡単に言いますが、技術的には大変難しいようで、リーブル出版の方には大変ご苦労をおかけしました。

通常の簡易校正では色合いがわかりにくい面もあり、校正はすべてプルーファー校正で行わせてもらいました。より正確な色味を確認したい場合は、本機色校正をお願いし、5回ほどやり取りを重ねました。予定より出版まで時間を要しましたが、色校正の度に作品が自分の望みの色合いに近づいていくのを実感でき、最終校正終了時には、すべて満足する作品に仕上げていただきました。

作品印刷には妥協したくなかったため、難しい注文もあったかと思いますが、誠実に耳を傾け、かつ適切に対処していただき大変感謝しております。

出来上がった写真集を手にし、一人でも多くの方の手に渡るようにしたいという思いが強くなりました。今度は私が努力する番です。

 

2017-10-26 | Posted in お客様の声, グラフィック系No Comments » 
Comment





Comment