リーブル出版

自費出版:自動見積もり
自費出版:資料請求

やさしや

『やさしや』 著・須釜 聡

能登はやさしや土までも
能登を語る時によく用いられるフレーズで、能登は人だけではなく土までもやさしいという、人情あふれる能登の土地柄を表しています。

能登の一般的な景勝地や、特別な行事などの作品はほとんどなく、日常の能登の景色が収められています。
厳しい自然を受け入れ生活していく「やさしさ」、苦労しながらも代々続く生業を守っていこうとする「やさしさ」、自然の恵みをありがたくいただく「やさしさ」、実直・純粋で粘り強い、能登の風土が作り上げた「やさしさ」。
普段の風景の中から溢れる「多様なやさしさ」を是非感じてみてください。

著者について
1961年、北海道上砂川町生まれ。現在は金沢市在住。
30歳になり、山登りの楽しさを知り、初めてカメラを購入し写真を撮り始める。
1996年からは地の利を生かし、北陸の海を中心に撮影を始める。
現在の撮影フィールドは能登半島。
能登の普段の景色・生活から能登の姿を見つめようと撮影している。
写真家竹内敏信・鈴木一雄・福田健太郎各氏に指導を受ける。
日本写真協会会員

 

やさしや
著・須釜 聡
上製本 A4横 106ページ
定価 1852円+税
ISBN978-4-86338-179-7
高精細AM300線印刷
shop_botan_amazon

TOP