LIVRE 本格派の自費出版、見積り・費用も納得|印刷・製本のリーブル出版

自費出版・納得の費用、じっくり丁寧。著者に寄り添う本づくり|リーブル出版

自費出版の書籍はどう販売する?書店への流通は?

自費出版をした際には、当然多くの方にご自身の作品を読んでもらいたいはずです。しかし、製本した書籍を販売するにはどうすれば良いのか、具体的にわからないという方も多いのではないでしょうか。そこで、自費出版した書籍を多くの方に見てもらうために必要となる書籍の流通と販売方法についてご説明します。

自費出版した書籍の販売流通は取次店がキーマン

本棚に積まれている本

自費出版した書籍を多くに方に見てもらうためには、書店に流通させる必要があります。しかし、どのような流れで書籍が書店に流通していくのか、流通や販売の仕組みはあまり知られていません。実は、自費出版で委託販売した本は以下の流れに沿って書店に流通していきます。

  • 著者が自費出版社で希望冊数の製本を申し出る
  • 自費出版社が依頼された分だけ製本を行う
  • 取次店がどの書店に何冊置くかを判断する
  • 書店に置かれて消費者が購入して本が読まれる
  • 書店から売れ残った本が2年間ほどかけて徐々に返品されてくる

この流れの中で重要なのが3番に出てくる「取次店」。この取次店が自費出版した本を「どの書店にどのくらい送るか」という重要な判断を下しているのです。例えば、著者が自費出版社へ1,000冊の製本を委託したとします。製本されて取次店に渡されると、取次店は「A書店には500冊」「B書店に300冊」といった具合でどの書店にどれくらいの冊数を配本するのが最適なのかを判断します。

場合によっては書店に並ぶ冊数が著者の希望冊数に達しないケースもあるため、書籍の流通において取次店は大きなキーマンなのです。

自費出版で書籍を販売する方法は複数存在

自費出版した書籍を販売する方法は、委託販売をはじめ複数の方法があります。

委託販売

自費出版をして本を販売する手段として一番メジャーな方法です。自費出版社に製本をお願いして希望の冊数を印刷してもらい、その後取次店が介入して書店に置かれるという流れです。

注文販売

注文販売は書店から「うちにあなたの書籍を置かせてほしい」と注文があったときに書籍を印刷して出荷する方法です。しかし、よほど有名な著者や書籍でない限り注文販売は行われません。自費出版ではあまりないケースですが、知識として覚えておくと良いでしょう。

書店に著者自ら持ち込む

チェーン店ではなく個人で経営しているような小さめの書店限定になってしまいますが、著者が自分の足で書店に書籍を持って営業をかけるという方法もあります。著者の情熱やアピールなど営業力によって本を置いてくれる可能性は異なりますが、書籍の売れ行きを自分の目で判断できる点は大きなメリットと言えるでしょう。

イベントなどで直接販売する

コミックマーケットをご存知でしょうか?年に2回行われる大規模な同人誌即売会です。このイベントでは、著者が顧客と直接顔を合わせて自費出版した書籍を販売します。書籍というと書店で購入するものというイメージが強いかもしれませんが、イベントで販売するという手段もあります。

Amazonで販売する

ECサイトとして有名なAmazonでも書籍を取り扱っています。Amazonで書籍を購入した経験のある方も多いでしょう。実はAmazonでも自費出版の書籍を扱ってくれます。50部など少ない部数からでも取り扱ってくれるというメリットがあり、紙媒体の書籍の他に電子書籍として販売することも可能なため、電子書籍派のユーザーにも読んでもらえる可能性があるというメリットを利用しない手はないでしょう。

リーブル出版では委託販売とネット販売に対応しています。興味のある方は、ぜひ「納品・流通・印税について」のページをご覧ください。

書籍を自費出版するなら委託販売とネット販売の併用が便利

タブレット端末を操作する指

自費出版で製本した書籍を多くの方に見てもらうためには、委託販売とネット販売の併用をおすすめします。ネット販売ならTwitterなどのSNSによる広報活動もしやすく、例えばAmazonで販売している書籍のリンクを貼るだけでユーザーに購入してもらえる可能性が広がります。また、電子書籍は場所を取らずスマートフォンでも読めるため、購入に踏み切るためのハードルが低い点も見逃せません。

リーブル出版では委託販売とネット販売に対応していますので、簡単にあなたの本をAmazonに並べることができます。多くの人に書籍を読んでもらいたいと願っている方の夢を叶えるためのお手伝いを行いますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

書籍の自費出版をお考えならリーブル出版へ

会社名 株式会社リーブル
販売責任者 新本 勝庸
住所 〒780-8040 高知県高知市神田2126−1
TEL 088-837-1250
メールアドレス net@livre.jp
ホームページURL https://www.livre.jp
取扱商品
  • 自費出版・企画出版(編集・印刷・製本・配本)
  • 物語・エッセイ・体験記・自分史・写真集・絵本・句歌集など

© 1995 LIVRE Co.,Ltd.