LIVRE 本格派の自費出版、見積り・費用も納得|印刷・製本のリーブル出版

自費出版・納得の費用、じっくり丁寧。著者に寄り添う本づくり|リーブル出版

自費出版の費用や費用が決まる要素 相場・見積もりの目安について

文章を書くのが好きな方であれば、自費出版に興味を抱くこともあるのではないでしょうか。自分の本を印刷して多くの人に読まれるのはとても素敵なことです。しかし、費用の相場や見積もりの目安など知識がなければ自費出版のハードルは高く感じることもあるでしょう。この記事では自費出版にまつわる費用の相場や見積もりの目安を中心にご説明します。

自費出版における費用の相場・目安はどれくらい?

電卓を持つ手

自費出版とは本を執筆した著者や本の制作に携わる人が、費用を自己負担して書籍を出版することを指します。あなたが本を書いて「自費出版しよう!」と考えた際、最初に気になるのが出版にかかる費用ではないでしょうか?

自費出版にかかる具体的な費用がわからないと、一歩を踏み出しにくいと感じる方もいらっしゃるでしょう。一般的に自費出版を行う際にかかる費用は、ページ数と制作部数で変動し、ページ数が多い書籍を多く印刷するほど高額になります。

参考までに自費出版界隈で有名な存在である自費出版.comの価格表を引用すると、部数とページによって以下のような価格に設定されています。

「標準版」価格表:一般書籍サイズ四六判(127×188mm)又はA5判・B6判

40部 50部 60部 70部 80部 90部
100頁 77,000 87,000 98,000 108,000 119,000 129,000
160頁 108,000 123,000 138,000 153,000 167,000 182,000
200頁 127,000 144,000 162,000 179,000 196,000 214,000
250頁 152,000 173,000 194,000 215,000 236,000 256,000
300頁 169,000 193,000 216,000 239,000 262,000 285,000
350頁 202,000 232,000 259,000 287,000 315,000 343,000
400頁 229,000 260,000 291,000 322,000 353,000 385,000
450頁 248,000 281,000 315,000 349,000 382,000 416,000
500頁 271,000 308,000 345,000 382,000 419,000 456,000
550頁 290,000 329,000 369,000 408,000 448,000 487,000
600頁 314,000 356,000 399,000 442,000 484,000 527,000

「標準版」価格表:一般書籍サイズ四六判(127×188mm)又はA5判・B6判

100部 150部 200部 250部 300部 350部
60頁 103,000 129,000 149,000 177,000 198,000 213,000
100頁 140,000 178,000 206,000 239,000 259,000 283,000
160頁 197,000 242,000 278,000 329,000 360,000 395,000
200頁 231,000 286,000 328,000 388,000 421,000 462,000
250頁 277,000 341,000 389,000 457,000 498,000 549,000
300頁 308,000 396,000 451,000 526,000 570,000 631,000
350頁 371,000 454,000 509,000 593,000 644,000 714,000
400頁 416,000 508,000 572,000 666,000 722,000 802,000
450頁 450,000 548,000 614,000 713,000 772,000 858,000
500頁 493,000 597,000 667,000 779,000 842,000 938,000

出典:自費出版.com

これはあくまで一例であり、カバーの有無やハードカバーにするかソフトカバーにするかなど、本の仕上がりに関する設定で価格は変動していきますが、おおもね自費出版の相場は上記のものと考えて良いでしょう。

リーブル出版では写真集、絵本、画集の3つにわけて自動で出版費用を見積もることが可能です。費用の目安を知ることができますし、無料ですので自費出版を考えている方は利用してみてください。

リーブル出版の自動お見積もりはこちら

自費出版の費用は印刷する本の構成要素が見積もりの目安になる

本と電球

自費出版はご自身で費用を出すわけですから、可能な限りコストを抑えたいところです。自費出版を行う際、費用の決定には「本の構成要素」によって見積もりの目安が左右されます。

「本の構成要素」と言っても出版や製本に詳しい人ではないといまいちピンとこないかもしれません。大まかに本の構成要素を挙げると以下のようになります。

カバー

本の表紙であるカバーには、ソフトカバーとハードカバーの2種類あるのはご存知のはず。例えば書店で販売されているハードカバーはソフトカバーの本より値段が高いです。それは、製本段階での費用がハードカバーのほうがかかるから。自費出版でもハードカバーの相場はソフトカバーより高くなります。

本のサイズ

本は大きいサイズほど費用がかかります。A4とB4ではB4の方が高くなります。書店で販売している本もA4よりB4の方が高いケースがほとんどでしょう。

表紙カバー

表紙カバーが付いていると見積もりが上がります。少しでも安く済ませたいと考えるのであれば表紙カバーは付けない方が良いでしょう。

ページ数

先に述べたように、ページ数が多くなるほど費用は上がります。

部数

こちらもページ数と同様に多いほど費用がかかりますが、部数が多くなるほど1冊あたりの単価が安くなるという特徴があります。例を出すと、100部を3回に分けて印刷するのと300部を1回で印刷する場合は後者の方が安く済むのです。

予算に合わせてハードカバーではなくソフトカバーを使用する、A4等の小さいサイズを選択するなど、本の構成を変えることによって無理のない自費出版を実現することができます。

自費出版は見積もりを取って費用を知ろう

自費出版はそれなりの費用がかかるものです。本を印刷しようと考えたときは、まずどのような構成の本を作りたいのか構想を練りましょう。しっかりしていて重量感のあるハードカバーにこだわるのか、柔らかい触り心地で軽く、どこにでも持っていけるソフトカバーにするかなどです。

本の構成を決めたら見積もりを取りましょう。リーブル出版では写真集と絵本、画集それぞれにジャンル分けした自動見積もりページをご用意しています。無料で自費出版にかかる費用を知ることができますので、お気軽にご利用ください。

リーブル出版の自動お見積もりはこちら

自費出版にかかる費用を知りたいならリーブル出版の自動お見積もり

会社名 株式会社リーブル
販売責任者 新本 勝庸
住所 〒780-8040 高知県高知市神田2126−1
TEL 088-837-1250
メールアドレス net@livre.jp
ホームページURL https://www.livre.jp
取扱商品
  • 自費出版・企画出版(編集・印刷・製本・配本)
  • 物語・エッセイ・体験記・自分史・写真集・絵本・句歌集など

© 1995 LIVRE Co.,Ltd.