自費出版:自動見積もり
自費出版:資料請求
LIVRE

自費出版:高品質が生まれる理由

高品質が生まれる理由。
最高レベルの印刷品質にこだわり、超高画質FMスクリーン印刷やAM300線印刷を積極的に使用にしています。

リーブルは、品質を重視した写真集・画集を出版することを基本としているため、印刷方式紙をレーザープリンターではなく、高画質オフセット印刷を中心とし、他社では敬遠がちな超高画質のFMスクリーン印刷や、AM300線印刷をも積極的に使用しています。そのクオリティは、これまで出版された写真家の方々からもご好評をいただいています。

一般的な写真集サイトの印刷(プリンタ印刷)
解像度(印刷線数)が低いため、
細部の再現力に乏しい。モアレの原因にも。

リーブルの印刷(高画質オフセット印刷)
リーブルの高画質な印刷が、
写真の持つ「空気感」を適切に再現。


紙の風合いが無関係なプリンタ印刷(左)紙の風合いが生かされるリーブルの印刷(右)

紙の風合いが無関係なプリンタ印刷(左)
トナー(粉末塗料)のため、紙に馴染まず、
ギラついた印象の仕上がり。
用紙の違いが仕上がりにほとんど関係しない。
紙の風合いが生かされるリーブルの印刷(右)
インクが適度に紙に馴染み、用紙の違いによって
印刷仕上がりの違いが楽しめます。

高い編集力とデザイン力で、書店に並べることを前提とした品格のある本づくりをしています。
リーブルでは、書店販売をしない書店流通なし(私家版)でも、そのクオリティは常に「書店販売レベル」です。

リーブルでは、書店販売をしない書店流通なし(私家版)でも、そのクオリティは常に「書店販売レベル」です。出版物は書店に並ばなくとも、多くの人の目に触れるもの。そのため、見た目にもハイクオリティな本づくりを心がけ、書店流通なし(私家版)でも書店に並べたくなるような仕上がりを常に意識して制作しています。高い編集力やデザイン力をぜひ体感してみてください。


リーブルのこだわり、私のこだわり。

出合ってしまった作品と印刷。
小石晃弘
島村学(以下島村): まず、なんといっても『ひかるもの』との出会いですね。 小石晃弘(以下小石) そうですね。初めて『ひかるもの』を見たとき、これはヤバイ! この色を印刷してみたい! と興奮しました。同時にこれはハードルが高い仕事になるなと気持ちも引き締まりました。
島村: この色は普通に印刷すると、絶対再現できない。でも不可能を可能にすることが何とかできないかと、予算や日程の調整をしながら、社長やとくひらさんに理解してもらって試行錯誤の日々がつづきましたね。
小石: そうでしたね、前例のないことだし、実験的にやらせてもらうかたちだったので理解してくださったとくひらさんに感謝です。
島村: そうですね、正直大丈夫か心配だったでしょうね。そんな手探り状態ではじまった『ひかるもの』が経済産業大臣賞をいただきました。こんな賞をいただけるなんて、想像していましたか?

出合ってしまった作品と印刷。

小石: 僕はいつでも日本一の印刷をするぞ、という気持ちで仕事をしています。でもこの賞をいただき、一生懸命やってきたことが認められ、たくさんの人に知っていただくことができて、本当にうれしいです。
経済産業大臣賞をきっかけに、夢をつなげていきたい。
島村学
島村: 画像調整はかなり苦労しました。FMスクリーンの特性と、カレイドインキの特性をふまえながら何度も手直しをして、色調整に一週間は費やしました。それでも刷ってみないとわからない。結局4回本機校正をかさねました。刷り上がったものと画面で見たものは全く違う色なので、超高精細な印刷なんですけど、実は人の手でちょっとずつ近づけた、アナログな作業があったんですよね。
小石: 時間もお金もかかるのに、理解してもらって、小さい会社でこれだけ自由にさせてもらえる環境もありがたかったです。あとやっぱり島村課長の調整とぜったいいいものにしたいという情熱があったおかげで、僕はモチベーションが上がりました。
島村: 今後もSHV印刷に留まらず、新しいことにどんどんチャレンジしていきたいし、小石課長と一緒にもっともっと成長していきたいです。

経済産業大臣賞をきっかけに、夢をつなげていきたい。

これが「リーブルクオリティ」

超高画質印刷を生み出すためには、印刷環境とそれを扱う知識と経験を有した人材が必要不可欠です。
ここでは、その一部をご紹介いたします。

  • 全自動加湿器で安定
  • 全自動加湿器で安定
  • リーブルの印刷工場は全自動加湿器、霧のいけうち「アキミスト」の導入により、季節に左右されることなく、印刷に最適な加湿量に保っています。湿度の不安定な状態は、印刷の品質に大きく関わっています。工場では大型のエアコン設備と併用し工場環境を整えています。
  • インキローラー
  • インキローラー
  • インキローラーのゴムにもこだわっています。価格的には他のメーカーのものより若干高いですが、ゴムローラーの経時変化が少なくて寿命が長い点や、洗浄時の作業性もよい点を考慮しテクノロールのヴェロシリーズ。そして何より印刷品質が良い点でこのインキローラーを採用しています。
  • スプレーパウダー集塵機
  • スプレーパウダー集塵機
  • オフセット印刷では印刷物が乾燥するまでに、くっつかないようにするためパウダーを使用します。パウダーは粒子が非常に細かく軽い為、周辺に飛散し、工場内が汚れたり、作業者が吸い込んでしまい健康を害する危険があります。コスモテックのサイクロン式集塵機スイーターCTを印刷機の上下に配置し工場内の環境改善をしています。
  • 用途に応じてインキを変更
  • 用途に応じてインキを変更
  • 一概に印刷と言っても紙の種類や用途は様々です。リーブルではその紙の種類や用途に応じて印刷インキを変更しております。例えば印刷後も乾燥性が悪いような紙を使用する場合は、擦れに強いインキを使用し、黒を際立たせたい時は濃厚な黒のインキを使用したりします。
  • ブランケット
  • ブランケット
  • ブランケットとは印刷する上でもっとも大切な部分です。なぜなら印刷する紙に直接当たる部分がブランケットだからです。高品質な印刷物をお客様にご提供できるように、約5年間にわたり10種類ほどのブランケットをテストし、安定性や作業性、また高画質な印刷品質を生み出せるバルカンのブランケットを選定しました。
  • 広演色インキに対応
  • 広演色インキに対応
  • RGBの色域を限りなく近く再現できる東洋インキ「Kaleido」の認定印刷工場です。この東洋インキ「Kaleido」とリーブルの印刷技術を結集し、印刷された、とくひらようこ「ひかるもの」はジャグラ(日本グラフィックスサービス工業会)主催のジャグラ作品展において最高賞の経済産業大臣賞を受賞しその技術を認められました。

©1965-2017 LIVRE Co.,Ltd.

TOP