リーブル出版

カモシカの季節

1990年、四国山地に生息する特別天然記念物ニホンカモシカに、初めて出会った。
以前から四国にもカモシカが生息することは知っていた。
1頭と至近距離で目が合った途端に、強い衝撃を受ける。
以来、カモシカの虜となり、姿を追いかけて30年を超えてしまった。
当時、著者は高知市が運営する小さな動物園で飼育員として勤務していた。
当然、動物の知識はある程度あり、カモシカについても文献上の大まかなことは知っていた。
しかし、目前に野生のカモシカを見た時、そんな知識はなんの意味もないと感じ、この野生をもっと知りたいと思った。
彼らを知るために、著者の休日の生活スタイルは大きく変わり、暇さえあればせっせとカモシカのすむ山に通うようになった。
また、彼らに出会ったことで、ついにはフリーの写真家の道を歩むことになり、著者の人生を変えた大きな存在でもある。
(はじめにより)


カモシカの季節 海に囲まれた四国に生きる奇跡の野生動物
著:中西安男
並製本 B5判(H182×W257) 94ページ
定価:2200円(本体:2000円+税)
ISBN978-4-86338-349-4
shop_botan_amazon

TOP