リーブル出版

少年の四季

少年の四季カバー

 

『少年の四季』吉村 正策(高知県)
 
太平洋戦争前後の貧しく激動の時代。
四万十町で生まれ育った元県庁職員が、自らの少年時代を振り返って綴るユーモアたっぷりのエッセイ。
集落を挙げての稲作、そして学校生活や年中行事、当時の遊びなど、今はもう忘れ去られてしまった懐かしい情景の数々…。

 

少年の四季
吉村 正策
並製本  A5タテ  158ページ
私家版 非売品
 

TOP