リーブル出版

自費出版:自動見積もり
自費出版:資料請求

ぐずりぐずり

『ぐずりぐずり』作/ナゴミツグ 絵/雲ノ空山 筆/和舟(岩手県在住)

“カゼクロウは ここを出ていくことにしました”
自分を変えたくていきる場所をがらっと変えたことはありますか?
そのときどんな葛藤がありましたか?
岩手県宮古市出身の作者。“ぐずり”とは夏になると岩手県の日出島に飛来するクロコシジロウミツバメの俗称です。
2011年に東日本大震災がおこり、復興のために尽くす人、故郷をはなれた人…。すべての人にいつも希望の風が吹きますように。
カゼクロウを見守るぐずりを、ぜひ一度お手に取ってご覧ください。

《お客様の声》
絵本を出版するのは2冊目です。前作は10数年前に都内の出版社から
絵を描いている友人と原作(物語と文章)を担当する自分とその文章を
筆で書いた自分の母と3人の共同作品という形で自費出版しました。

今回、母の喜寿祝いという事でまた同じ三人で絵本を創る話が持ち上がり
10数年前に絵描きと二人で創った絵本の文章を全面的に書き直し
タイトルなどを母に筆で書いてもらい制作する流れとなりました。

現在故郷の岩手に在住してるため、地元の業者も色々と話を聞きましたが
腑に落ちず、結局ネットで出版社を検索していてリーブル出版を見つけました。
印刷に絶対的自信を持っているという事がホームページから伝わりましたので、
顔彩などを使って10数年前に書いた絵の色が、どれだけ出るのかが興味深く
リーブルさんに頼む一番の決め手となりました。

原稿を送る前の段階から絵の枚数が少ないのでは?というアドバイスを
いただいてましたが、絵本製作の話が急に決まったもので絵描きとコンタクトが
取れたものの10数年前に描いた時のテンションで絵を増やすのは難しいとのこと。
なんとか表紙候補など2枚新しい絵を追加したのは良いけど、インパクトはあるが
表紙で使っていいものか?迷いながらも提案。初校の刷りものでこちらの希望と
リーブルさんの提案のもの合わせて4パターンの表紙候補などを送ってもらい
ありがたかった。結局全て採用しなかったけれど、その刷りのお蔭で客観的に絵本を
創るモードに頭が切り替わって次々とアイデアなどが沸き方向性が決まった気がします。

高知と岩手という事でメールなどでのやり取りでしたが、想像よりはるかに濃厚で
初校の段階から刷りモノが送られてきて仕上がりのイメージがしやすく2校でも同様。
最後の最後まで、かなり細かな注文に対しても丁寧に対応してもらい感謝しています。

絵本製作中に喜寿祝いイベントのDMと絵本のDMもリーブルさんに刷ってもらい、
こちらもコロコロ変わる要望に謙虚に対応して頂き、頭の下がる思いでした。
イベント前にDMを配ったりしましたが「売って下さい」という方がいた程の色の良い仕上がり。
絵本の方も刷り色の仕上がりが素晴らしく、手に取って頂くきっかけになっています。
先にイベント日程が決まっていたためのタイトなスケジュールでしたが無事に間に合い
イベントに花を添えられて良かった。色イロ、ありがとうございました。

 

ぐずりぐずり
作:ナゴミツグ 絵:雲ノ空山 筆:和舟
高精細300線印刷
定価:1650円(本体:1500円+税)
ISBN978-4-86338-124-7

TOP