LIVRE 本格派の自費出版、見積り・費用も納得|印刷・製本のリーブル出版

自費出版・納得の費用、じっくり丁寧。著者に寄り添う本づくり|リーブル出版

リーブル書籍
詳細
届かなかった手紙 樋口真吉伝 龍馬を見抜いた男

届かなかった手紙
龍馬を見抜いた男 樋口真吉伝


南寿吉著

定価(本体1524円+税)
ISBN978-4-86338-035-6

人は人生の中で多くの人と出逢う。
その出逢いによって人生が変わる。
それはどんな時代、どんな場所に生まれても、共通して体験する命の運命です。

幡多中村で生まれた樋口真吉も、その命の運命を、多くの人々と分かち合いました。

剣術に優れ、情報通としても知られる樋口真吉は、36歳のとき、四万十川の改修工事に来ていた龍馬と偶然にも出逢います。
その後も、まるで父子のような信頼関係で結ばれ「坂竜飛騰」と、激動のなかへ飛び込もうとしている龍馬を、称えました。

激しい運命を生きた坂本龍馬が、中岡新太郎が、吉田東洋が、ほか多くの志士たちが、樋口真吉の周りに集まり、笑い、泣き、そしてまた笑い消えていく。

幕末という激流を、まるで四万十川の流れように、静かに見つめ、大きく穏やかに生きた男、地元・幡多中村でも知る人ぞ知る樋口真吉。
幡多中村から、長崎、江戸、京都と奔走した彼にスポットを当てた、幕末史をさらに掘り下げる一冊です。

購入フォーム

  • 届かなかった手紙 樋口真吉伝 龍馬を見抜いた男

  • 届かなかった手紙 樋口真吉伝 龍馬を見抜いた男

立ち読みする 一覧へもどる

© 1995 LIVRE Co.,Ltd.