LIVRE 本格派の自費出版、見積り・費用も納得|印刷・製本のリーブル出版

自費出版・納得の費用、じっくり丁寧。著者に寄り添う本づくり|リーブル出版

リーブル書籍
詳細
はじめての越境社会文化論

はじめての越境社会文化論


高知大学人文学部
「交流する社会・文化」プロジェクト編

定価(本体1429円+税)
ISBN978-4-86338-025-7

「越境」「地域=高知」という視座に基づき、2部で構成されています。
第T部「歴史・民俗編」では、太平洋に面した高知という地域が世界とどのような関わりを持ったかというテーマが、様々な視点から論じられます。また、第U部「現代・地域編」では、現代の高知を素材に、地域における様々な越境・交流状況や地域活動の担い手について、経済的・社会的・文化的側面から多面的にアプローチしています。

〜 本書は、越境社会文化論の様々な領域を、文学、歴史学等の様々な分野からアプローチした学際的な試みである。 (本文より)〜

購入フォーム

一覧へもどる

© 1995 LIVRE Co.,Ltd.