いつでも、どんな事でも相談にのってくれるので、本当に頼れる存在でした。

nihonookami

himitunosanpo

ぼくニホンオオカミになる』『ひみつのさんぽ
東吉野村ニホンオオカミ手作り絵本コンクール
担当 大谷彩貴(奈良県)

2015年、奈良県の東吉野村でニホンオオカミが捕獲されて110年。
それを記念して、ニホンオオカミを題材とした手作り絵本コンクールの開催と、翌年にコンクールの最優秀賞作品を出版しました。
リーブルさんには、コンクールの企画段階から最優秀作品(絵本)の出版・流通まで、ご協力いただきました。

リーブルさんにお願いした理由は、高い印刷技術(絵本カラー)と、書店とネットでの流通にも対応していただけること。
そして、数ある出版社のなかで、一番親身に対応してくださる会社だったからです。

いつでも、どんな事でも相談にのってくれるので、本当に頼れる存在でした。
絵本の校正段階でも、様々なご提案をいただき、出来上がった実物を見た時は、本当に感動しました。

“1冊の絵本から、東吉野村を全国へ知ってほしい。”

この思いに、リーブルさんは全力で応えてくれました。
本当に感謝しています。

個人的な思いですが、今回のように「地方と地方」が協力して何かを成し遂げる企画が、日本全国で行われれば面白いなと思います。
日本のどこかで「こんな事をやりたいんだけど、どうしよう?」と悩んでいる方、是非リーブルさんに相談してみてください。
親身に、そして全力で、その思いに応えてくれると思います。

 

 

 

Comment





Comment